FlexFit ピラティス・ワークアウト 綱島・大倉山

menu

Column コラム

Column

40歳代を過ぎてから心身ともに不安定・・・その症状は更年期障害かもしれません。更年期障害とは40歳代以降の男女の性ホルモン分泌量の低下が原因となる自律神経失調症に似た症候群のことを言います( 参考:厚生労働省eヘルスネット「更年期障害」より)。女性特有の症状と思われがちですが、男性で悩んでいる方も多いです。そんな更年期障害ですが、ピラティスで症状を緩和できる可能性があります。今回は主に女性における更年期のお悩みをピラティスで軽減できる理由、その効果をご紹介します。

そもそも更年期とは?どんな症状が出るの?

更年期とは?

更年期とは閉経前後の5年間を併せた10年間のことを指します。日本の女性の平均的な閉経は約50歳なので、45〜55歳頃を指すことが多いです。そしてその期間中に現れるさまざまな症状の中で他の病気を伴わないものを「更年期症状」、その中でも症状が重く日常生活に支障を来す状態を「更年期障害」と言います(参考:日本産科婦人科学会HP「更年期障害」より)。具体的には下記のような症状が強く出る場合には、更年期障害と診断されることがあります。

▶︎代表的な更年期障害の症状
ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)、発汗、冷え、イライラ感、抑うつ、不眠、不安感、無気力、肩こり、腰痛、背中の痛み、関節痛、生理不順、尿失禁、めまい、耳鳴り、頭痛、動悸、息切れ、疲労感、皮膚症状 など
(参考:厚生労働省研究班 女性の健康推進室ヘルスケアラボ「更年期障害とは?」より)
⚠️更年期障害の症状は多岐に渡り、また程度の個人差も大きいため、別の病気の可能性もあります。不調を感じたらまずは医師の診断を仰ましょう。

更年期障害の原因と現状

女性の更年期障害は加齢に伴う卵巣機能の低下によって、女性ホルモンのエストロゲンが減少することによって起こります。また加齢に伴う身体機能の低下や環境の変化も原因となります。2022年に厚生労働省が行った「更年期症状・障害に関する意識調査」では、医療機関の診断や周囲の指摘などによって「更年期障害を疑った・考えた」女性の割合が40代で37%、50代で48.3%と4割から半数近い数字となっています。一方で症状が出ていても、さまざまな理由から医療機関で治療を行わず日常を過ごされている方は少なくありません。

更年期障害の症状緩和にピラティスが効果的な理由

自律神経を整えてホットフラッシュを軽減させる

不快で日常生活に支障をきたす可能性があるホットフラッシュ(のぼせ、ほてり)は更年期障害で最も見られる症状の一つです。これは女性ホルモンの減少による自律神経の乱れによって起こると言われています。ピラティスでは背骨を意識して重点的に動かすため、背骨の中の神経や髄液を刺激し、自律神経を整える効果が期待されます。またピラティスで行う胸式呼吸は自律神経に働きかけ、頭や身体を活性化させます。こうして自律神経を整えるため、ホットフラッシュの軽減に役立つと言われています。

睡眠の質が向上する

更年期障害は、ほてりやのぼせ、またその他症状のために睡眠の質を低下させる場合があります。ピラティスの動きと呼吸のリズムは幸せホルモンと言われるセロトニンの分泌を促します。セロトニンは睡眠ホルモンと言われるメラトニンというホルモンの原料となるため、身体が良質な睡眠に備えることができます。

ストレスと不安を軽減させる

更年期はホルモンバランスの乱れによってストレスが溜まりやすく、症状を悪化させる可能性があります。ピラティスで行われる胸式呼吸は自律神経に働きかけ、頭や身体を活性化し充実感に溢れた気持ちになります。また前述の通り、ピラティスの動きは自律神経を整えストレスや不安を軽減する効果があり、リラックス効果をもたらします。
ピラティスのストレス解消効果については以前のコラムもチェック!

肩こり・腰痛などが軽減する

更年期の女性ホルモンの減少は血液循環が悪くなることによる肩こり、腰痛の原因にもなります。ピラティスのエクササイズは以前のコラムでもご紹介した通り、肩こりや腰痛の改善に効果的です。ピラティスによってもたらされる体幹の筋力アップ、正しい姿勢、筋肉のほぐれ、柔軟性の向上、ストレス・緊張の緩和は肩こり・腰痛を軽減させてくれます。
ピラティスの肩こり解消・予防効果については以前のコラムもチェック!
ピラティスの腰痛解消・予防効果については以前のコラムもチェック!

尿失禁の改善

更年期の女性ホルモンの減少は骨盤底筋群という骨盤、膀胱、子宮、小腸や直腸など下腹部の臓器を支えるインナーマッスルを緩めてしまいます。尿失禁、つまり尿漏れはこのことが主な原因です。ピラティスではこの骨盤底筋群を鍛えるアプローチを行うエクササイズが豊富なので尿失禁の改善に役立ちます。

まとめ

更年期に多くの方が悩む諸症状、更年期障害はピラティスによって軽減させられることがあります。具体的にはホットフラッシュの軽減、睡眠の質の向上、ストレス・不安感の軽減、肩こり・腰痛の緩和、尿失禁の改善など、多くの効果が期待できます。仕事でも責任ある立場であったり、子育てや介護と忙しい更年期、ピラティスで身体を整えてみましょう♪

更年期のお悩みを軽減できるピラティスなら一人ひとりに寄り添ったサポートのFlexFitピラティス・ワークアウトで!まずは体験申し込み!

PAGE TOP