FlexFit ピラティス・ワークアウト 綱島・大倉山

menu

Column コラム

Column

30代という年代は、女性にとって多くの変化と挑戦が訪れる時期です。キャリアの中盤に差し掛かり、仕事と私生活のバランスを見つけようと奮闘し、同時に体形の変化や健康への関心も高まります。またこの時期は妊娠、出産を経験する方も多く、ストレスや身体上の悩み・課題に直面することが多いです。そんな30代女性にとってピラティスは、心身の悩みや課題を解決し、健康的な生活を送るエクササイズとして効果的です。今回は30代女性がピラティスを実践することで得られる精神的・肉体的メリットをご紹介します。

変化と挑戦の多い30代女性

妊娠・出産

30代は多くの女性にとって、妊娠や出産という大きな変化と、それに伴う様々な挑戦があります。厚生労働省の統計によると、令和3年の第一子出生時の母の平均年齢は30.9歳となっています(厚生労働省:「令和3年(2021)人口動態統計月報年計」より)。そのため第二子以降を含め30代は妊娠・出産を経験する方が最も多い時期です。

妊娠中はつわり、体重管理、出産に向けた体力作りといった身体の様々な変化に対応しなければなりません。出産後は身体の不調改善、体力回復、様々なところに出る痛みへの対応が必要となります。更に、妊娠中・出産後はホルモンバランスの乱れなどもあり、精神的に不安定になる方が多く、メンタル面での健康も非常に重要な課題となります。

子育て・キャリアへのチャレンジ

この世代の女性にとって仕事と子育てはどちらも心身に大きな影響を及ぼす長期的な挑戦です。子育ては子供優先の生活になるため運動不足や不規則な食生活になりやすく、体重管理や健康維持に影響を及ぼします。また子どもを抱っこするなどで起こる腰痛や肩こりなど、身体的な不調を多くの方が経験します。精神的にも子育てに伴う責任感や不安、睡眠不足などがストレスの原因となり、うつ症状やイライラ感を引き起こすことがあります。

仕事の面でもキャリアを重ねてきたこの世代の方は、常にプロフェッショナルとしての責任と成果が求められます。こうしたプレッシャーが過度にかかると精神的にも身体的にも悪影響が出る場合があります。長時間の仕事で、デスクに向かう時間が長くなり猫背など姿勢が悪化したり、頭痛や肩こり・腰痛を引き起こす方は少なくありません。

子育て・仕事はいずれかだけをこなすのも大変ですが、両立されている場合はより一層の肉体的・精神的な負担がかかります。こうした睡眠不足、運動不足、不規則な食生活など、生活習慣が乱れることは心身に悪影響を及ぼし、疲労感や体調不良の原因となります。このような状況が続くと、仕事のパフォーマンス低下や育児への罪悪感、自己犠牲の感情など、さまざまなネガティブな感情が生じる可能性があります。

体型の変化・崩れ

30代は20代に比べると体力が少しずつ衰え始め、体型の変化・崩れを感じる時期です。これは主に代謝の低下、運動不足、ホルモンバランスの変化などによって起こるものです。代謝が落ちて脂肪がつきやすくなる反面、筋肉量が低下するため体重の増加やお腹周りの脂肪の蓄積が見られます。また、ホルモンバランスの変化により、身体の水分バランスが崩れやすくなり、むくみやすくなることもあります。特に妊娠・出産を経験する女性は、妊娠中の体重増加や出産後の体形の回復に悩むことが多いです。前述の仕事や子育てによる多忙さはこうした体型の変化・崩れをより一層加速させます。

心と身体に働きかけるピラティス

妊娠・出産・産後の心身を整える

ピラティスは妊娠中・産後でも安全に行うことができるエクササイズとしても知られています。呼吸や姿勢に重点を置き、筋力強化、身体の可動域向上、柔軟性を高めます。そのため、妊娠中の様々な身体の変化に対応できるようになり、出産に向けた体力作り、体重管理、姿勢改善、ぽっこりお腹の改善、肩こり・腰痛の緩和などの効果があります。特に骨盤底筋群(骨盤、膀胱、子宮、小腸や直腸など妊娠中に重要な下腹部の臓器を支えている筋肉群)を鍛えるエクササイズが豊富なため、出産準備としてのスムーズな分娩や産後の尿もれ改善に役立ちます。

また妊娠中・産後の不安定な心を落ち着かせるエクササイズとしても効果的です。妊娠・出産・産後は女性ホルモンが活発化するため、ホルモンバランスが乱れ睡眠障害や精神的な不安定をもたらします。ピラティスではその動きや呼吸、身体への集中で心を落ち着かせ、また身体を動かす事によって気分転換できリラックス効果があります。また身体を動かしてストレス軽減・リラックスすることで睡眠の質も向上するので安定したメンタルの安定に好循環効果が期待できます。

マタニティピラティス妊娠とピラティス産後のピラティスについてはそれぞれの記事で詳細をチェック!

⚠️妊娠中は16週目以降、産後は1ヶ月健診時以降を目安に、いずれも医師の許可を得た上で、有資格インストラクターの下で行ってください。

子育てや仕事で生じる身体の不調や悩み・不安を解決

ピラティスは仕事や子育てで生じる肉体的・精神的な悩みをサポートすることができます。体幹の筋力を中心に鍛え無理なく正しい姿勢を維持できるようになり姿勢が改善されます。これに加えて背骨周辺の筋力や柔軟性を向上するため、肩こり・腰痛・関節痛・背中の痛みなどの軽減効果が期待できます。またピラティスは動きにストレッチ効果があり、アライメントを正していくため、身体のバランスが整い疲労を軽減し、安定性を高めます。

精神的にもゆったりとした動きと呼吸のリズムが幸せホルモンと言われるセロトニンの分泌を促すため、疲労感の回復や様々な不調改善に効果的と言われています。

子育てとピラティスについてはこちらをチェック!
猫背改善頭痛の緩和肩こり腰痛などもそれぞれの記事をチェック!

身体の崩れを防ぎ、理想のボディを目指す

ピラティスは身体の崩れを防ぎ、ボディメイクを行うエクササイズとしても最適です。前述のように体幹に焦点を当てたエクササイズであり、体幹の筋肉を鍛えることで、筋肉量を増やし代謝を向上させます。同時に姿勢が改善され、体のラインが引き締まります。また、ピラティスは筋肉の柔軟性と筋力を同時に高めます。そのためしなやかで女性らしい身体づくりとして効果的です。

狙った部位を重点的に鍛えることもできるため、例えばバストアップ、ヒップアップ、くびれづくり、美脚づくり、といった目的を持って行うことも可能です。いくつになってからでも無理なく始められるエクササイズのため、30代からでも理想のボディメイクを目指すことができます。

女性らしいしなやかな身体づくりヒップアップバストアップくびれとヒップライン美脚づくりなど理想のボディメイクについての詳細は各記事をチェック!

まとめ

30代女性は妊娠・出産・子育て、仕事と家庭の両立、体型の崩れ・変化といった様々な心身の悩みや課題に直面します。ピラティスはそんなこの時期の女性の心身を整え不安を解決する手助けとなります。妊娠・出産で生じやすい心身の変化、しなやかで女性らしい身体づくりに最適であり、自信を持って日々を過ごすことができるようになるでしょう。ライフステージに応じたメリットを提供し、豊かでバランスの取れた生活を実現するピラティスで充実した30代を過ごしましょう♪

30代女性の心と体を整えるピラティス!まずはFlexFitピラティス・ワークアウトで体験を申し込み!
公式インスタグラム( @flexfit_pilates_workout )では様々なエクササイズ、ピラティスの効果などを公開中!

PAGE TOP